スクラップブッキング 大阪教室 かりん

スクラップブッキング講師かりんのプロフィール


スクラップブッキング 大阪 かりん  林博子

スクラップブッキング講師 林博子(かりん)

 

1980年大阪生まれ。

 

小学校の時は手芸部で何かを作ると言うよりはビーズを集めて並べるのが好きでした。

 

中学はバスケ部。ハンドメイドとはかけ離れている位置にある運動も得意。

 

 

 

当時から美術や工作は大嫌いだったし、今も器用とはほど遠いです。

 

武庫川女子大学文学部教育学科に進学するも、半期で中退。

21才で結婚。

 

2003年長男を出産した時は、初めての育児にノイローゼ気味になり、四苦八苦。

「毎日大変!!」な思いだけでとてもじゃないですが、アルバムを作ったり、自分の時間を持てる心境ではなかったです・・・・。

 

だけど、大変な毎日の中でも子供の写真アルバムは残してあげたい!と言う想いから写真はなるべくたくさん撮るようにしていました。

 

2009年二人目の出産を機に、たくさん溜まったままの上の子の写真と合わせて、写真を整理したい。

アルバム作りをしたいと思い、色々調べているうちに、「サクラクレパスメモラビリアート」で講師資格が取れることが分かり、せっかく作るなら長く保存して大切にしたいと思うようなアルバムが作りたい!と勉強の意味で資格講座に行きました。

 

そこで初めてスクラップブッキングと言う言葉と作品の作り方を知りました。

 

すぐにスクラップブッキングの楽しさにハマり、どんどん作品を作っていくうちにもっとたくさんの方にこの楽しさを伝えたい!と思うようになり講師活動(スクラップブッキングホームクラス)を開講するようになりました。

 

いつも教室や講習で皆さんにお伝えしている事は「写真整理アルバム作りはいつでも出来るので時間がない方、余裕がない方はお写真だけしっかり残して下さいね」って事です。

 

スクラップブッキングはそれぞれの忘れていた行事や事項を振り返り、当時の気持ちを思い出しながら

想い出を形に残せるすばらしいホビーです。

 

写真整理は心の整理!

 

皆様にスクラップブッキングを通して・・・・・。

「想い出のお写真」から日々の何気ない生活の中の小さな幸せ♡に気付き、

家族や大切な人への愛情の再確認、感謝の気持ちを思い出し、

心の安らぎと癒し、気持ちの余裕を感じて頂けたらと思います。

 

そんなお手伝いが出来る事を心から幸せに思って・・・・・。

今日も講師活動させて頂いています。 


スクラップブッキング12インチ作品 ペット 猫 かりん

私がどうして「かりん」なのか?

 

実家で昔、3匹の猫を飼っていて。

その中の一匹の名前が「かりん」でした。

 

サクラクレパスでスクラップブッキング養成講座を受講した頃、MIXIが流行っていて、先生方もみんなハンドルネームで呼び合う感じでした。

 

なので猫の名前を安易にチョイス!!(^^ゞ

3匹の猫はそれぞれ「みーちゃん」「かりん」「のりお」。

 

絶対「かりん」を選ぶでしょ♪

だから「猫マークのかりん」なのです。

是非、覚えて下さいね☆