かりん 大阪スクラップブッキング教室

かりんスクラップブッキング作品のコツ♪その4


「人の視線の流れ」

 

ネットでも検索かけて頂けたら分かると思いますが、

人は

 

1 視線は上から下へ移動する。

2 大きいものから小さいものへ移動する。

3 視線は近接するものへ移動する。

4 視線は同じ形、色をおいかける。

 

と書かれています。

 

上から下、左から右に・・・・・。

無意識に視線は流れるそうです。

 

なので作品を作る時、写真を選ぶ時、写真をクロップする時にその事を少し意識するだけで作品がグッとワンランク上の出来栄えになるのです。

 

よくスクラップブッキング業界で言われるのはZの流れ。です。

「Z」の形のように視線は動いて作品を見ます。

 

「写真」を引き立たせるのがスクラップブッキング!!

フォーカルポイント(作品全体の視点になる部分)を決めます。

一番目立たせたい写真をメインに・・・・・。


 

例えば上の作品ではど真ん中の写真をフォーカルポイントにしていますが、左から「タイトル」

左写真→メイン写真→右写真と。視線が動く時、「写真の中の顔の向きや写真のクロップの仕方」に気を付けています。

 

×左側に「左に向いてる写真を持ってくる。」

これをすると視線がまた、左に行きやすくなりフォーカルが弱まるのです。。。。





写真も毎回ど真ん中に人が写ってなくてもどちらかに空間を持たせることで雰囲気が変わります。

 

是非試してみて下さいね~☆