大阪スクラップブッキング教室  かりん 林博子

スクラップブッキングとは?


想い出のお写真を可愛く、綺麗に保存する事を目的にしたクラフトホビーです。

台紙にカラフルなペーパー、ステッカーやフラワー、リボンなど紙だけでなく異素材を加え、立体的に美しくレイアウト。

想い出の気持ちをジャーナルに、温もりと共に残せる世界に1つだけ!自分だけのオリジナルの写真整理アルバム作りです。

 

1980年代にアメリカで誕生し1990年代にブレイク、今ではアメリカで人気No.1ホビーだと言われるほどで日本でも数年前に取り入れられ子育て世代の女性を中心に全国的に広がって来ています。

写真アルバムに貼りつけるだけにとどまらず、さまざまな道具や画材、技法で素敵な作品を作り出す、芸術要素も含まれる。

写真を劣化させる原因の一つが空気。「酸」だと言われています。

スクラップブッキングは「酸」を含まない道具や素材を使用するので「写真」をより長く、綺麗に保つ事が出来ます。

スクラップブッキング作品 女の子
スクラップブッキング 作品 公園

自分史や家族の歩みを記す新しい方法として定着しつつあります。

ほとんどの人は写真を撮りますよね?

デジカメやスマホがこれだけ普及している世の中で写真を撮る機会が増えていると思います。
だけどスクラップブッキングを知らない、アルバム作りをしない人も多いのが現状です。
皆さんは大切な写真、お気に入りの写真はどのように保管していますか?
待ち受け画面にしたり、プリントしてフレームに入れて飾ったりされていますか?

今保存しているデータは一生物ではありません。

携帯が壊れたら・・・・・?

10年後20年後果たしてSDカードは見られるのか??

 

是非データではなく、プリントしてアルバムに残して欲しいと思います。

震災の時、たくさんの「物」が流されてなくなってしまった人が多くいました。
そんな中取り戻したい、探したい「物」はお金でもなければ、高価なネックレスや車ではなく、「写真」や「手紙」だったとテレビの報道で知りました。

 

流れる映像や行方不明の方々、何も出来ないどころか、家でのんきにスクラップブッキング作品なんて作ってて良いのか??と毎日自問自答の日々が続いていたのですがそのことを知ってやっぱりスクラップブッキングの魅力をもっと多くの人に伝えたいと言う気持ちが強くなり今まで以上に講師活動、制作活動をするようになりました。

「大切な写真」や「お気に入り写真」には必ずその時の「想い出」や「気持ち」があり、その写真を見るとその時楽しかった、嬉しかったと言う「気持ち」が蘇るものですよね。
スクラップブッキングはその「想い」も一緒に保存するから素敵なのだと私は思います。


【こんな方にお勧めです☆】

・パソコン、スマホ、SDカードなど、写真をデータにだけ保存し、プリントアウトしていない方。

・たくさんのお写真整理に困っている方。

・アルバム作りを楽しみたい方。

・お友達にプレゼントしたい方。

・ハンドメイドが好きな方。

・雑貨などを可愛くお部屋に飾りたい方。